tokorode

ところで

20180220

f:id:b_t_w:20180221002845j:image

昨日は衝動的に深夜12時に一平ちゃんとワインを摂取してしまった。7時半ぐらいに起きてシャワー浴びて出社。最近眠りが浅いのか夢ばかり見る。浅い夢の中は断片的な言葉や映像が全て勝手につながって、コマとセリフをバラバラに切り離して適当に再び並べた漫画のようだ。サポート材について考えながら電車に乗って出社。サポート材の違う使い道を考えていたがあまりいいものを思いつかなかった。スライサーのサポート材生成アルゴリズム書いてた人は見るもの全てにサポート材がついて見えたのだろうか。週末に金継ぎやることになって急遽金継ぎについて調べる。金で継いでるように見えるが漆で継いでて、それも接着してパテ埋めしてつるつるに削ったうえで金箔を溢れさせて載せている。問題があって、解決方法の見た目から感じるメンタルモデルとの違いがおもしろい。幾何学的な器を割って金継ぎするとおもしろい気がしててすごく割りたい。ろくろのチュートリアル考えて実装する。こういうのはゲームのチュートリアルがすごく参考になる気がする。23時までやって終わらなかったので帰る。

20180219

7時半に起床。やや余裕持って出社できた。3Dプリンタ動かそうかと思ったらフィラメントがエクストルーダの手前で折れてる。押しても引いてもびくともしない。意を決してノズルをばらすとこまでやったが、原因はノズルではなく送り出すチューブの中で折れたフィラメントがどういうわけか詰まっていた。3Dプリンタ使ってれば遅かれ早かれノズルをばらすことにはなるので今のうちにやっとけてよかった。ろくろの改善、問題が根深いところまでいって最終的に22時までかかってオリジナルのジオメトリ関数に手を加えるところまでいった。しかし半年ぐらい前に書いたコードだけどまぁよくこんなん書いたな、頑張ったなーと思う。その反面いろいろなところで粗がありはするが一人で作ってるのでそれら全てを引き受けてやっていくことができる。気づきにくく重要そうに見えないが根本的な問題で、解決が難しい類の問題だった。完璧なコードではないけどとにかくやりたいことが実現できてよかった。夜中までコード書いてるとエモくなってくる。

20180218

f:id:b_t_w:20180220000014j:image
エヴァンゲリオンの最終話のDVDを借りてきて昼飯を食って観る。これが歴史に残る拍子抜け。これをやれたらもうこの先なにも怖いものないと思う。
15時から有田と松田と上野で飲む。回転寿司とたきおか。ミルクスタンドでコーヒー牛乳飲んで、俺が夜中に偶然見かけた古いゲーセンを再度探す。(閉店してた)それから寄席へ。隅田川馬石居残り佐平次、この噺初めて聞いたけどとても良かった。品川の居残り連はこの噺に出てくる鰻屋を改装して使ってるらしい。また行きたい。帰りに蓮玉庵で蕎麦食べようかと思ったが閉まってたので富士そば食って帰って大人しく寝る。

20180217

20180217
ようやく2017じゃなくて2018と書くことに慣れてきた。土曜はジンギスカンの匂いになってしまったセーターをクリーニング屋に預ける。無印良品で同じセーターを買おうとしたが無く、これからしばらくシャツにユニクロのフリース1本で外出をやっていくことを決意する。めちゃくちゃ暖かいし形も良いので結構気に入っている。水やタバコには弱いが。3時ぐらいから漫画喫茶3時間入って某氏の仕事。15000円ぐらいぶんの仕事したのでギリギリ時給5000円を切ってないということにする。今年に入ってからだが、カフェとかではなく漫画喫茶で仕事をするのが気に入ってきた。静かで飲み物と電源とWi-Fiが揃っていて、よく考えたら仕事するのにもってこいな環境だ。ジョジョも足掛け5年で最新刊まで読み終わったので気をそらすものもない。時間課金なのも、残り時間を意識することで集中力が増す気がする。オシャレな喫茶だと、仕事は進まなかったけど居心地良かったからいいやとなってしまうのだ。この狭さと薄暗さも、慣れるとコクピットという感じがしていい。世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドを読んだのは高校生の時で、暗号士のような仕事のしかたに憧れた。パックの3時間が過ぎたのでコメダに移ってImage clubのサイトをちょっとやろうと思ったけど収まりのいいデザインにならなくて今日は諦めた。松屋ビーフカレー食べて帰る。先週借りたエヴァンゲリオンのDVDを観る。おもしろい。アニメを毎週作るってほんとにすごい。

20180215

メロンのリリースの日。午前休もらって朝は家でエヴァンゲリオンのDVD続き見る。実験的でおもしろいなー。昼はサンドイッチとおにぎり。出社してろくろ、根本的な部分のアルゴリズム改善やろうとするがいろいろな仕事が発生してあまり進まず。夜は諦めてマリオカートやった。ノコノコ速い。

20180213

リリース直前でいろいろやることあるはずなのだが他のやることがいろいろ現れてあまり進まず。オフィスの引越しに伴うインターネットの準備とか。よくわからなかったのでギークハウスの人たちに聞くとめちゃくちゃ情報集まって解決した。大変ありがたかった。三井さんたちとさくちゃんと飲み。帰って某氏から連絡、ワークショップの人員が足りないと。1mmでも世の中動かしたいならワークショップやってないでコード書かんかいといった趣旨のこと伝えたけどあまり伝わってない気がする。寝る。

20180212

月曜。祝日だということを知らなかったのでラッキー。寝すぎて頭が痛い。だらだら過ごすことに決めてエヴァンゲリオンのDVDまとめて借りてきてワインと生ハム買ってきて飲みながら観る。DVDはいろんな解説とか台本とか入ってて面白い。毎週放送されるアニメ作るってすごい行為だな。夜は新宿でバーフバリ。凄すぎて笑うというのはあるが、全編それであり、その先があることは知らなかった。だいたいの演出はやりすぎを避けるようになってて、なぜかというとやりすぎると面白くなってしまうからなんだけど、それでもなおやりすぎのその先に突っ込みまくることで新しい世界が見えてくることがわかった。それは繊細さの対極、普遍の極致、つまり神話であった。この作品は神話を語ろうとしていて、神話は不条理で、不条理だからこそ神話になりうると思うんだけど、神話を実現させるための凄みを、今までにない方法で獲得していると思った。それはリアリティの逆なんだけど、だからこそ発生する説得力というものがある。「これがこうなったらかっこいいと思う!」っていうパワーがどの画面にも張り詰めている。条理や推察ではなくて意志が立ち上げる世界があるなと思った。